METER

METER

メータージャパン株式会社

お問い合わせ

ポータブル水分活性計 Pawkit

世界最小のポータブルタイプの水分活性計です。重量わずか115g、完全電池可動式でどこでも持ち運びができ、わずか5分で簡単に水分活性(aw)を測定します。低水分活性から高水分活性まで(0~1.00aw)すべてのレンジで水分活性測定が可能で、用途は、品質管理から現場での水分活性管理まで広範に及びます。パウキットは小さいだけではありません。操作性、測定安定性、再現性にも優れています。

  • ● 5分で測定完了!
  • ● 精度±0.02aw!
  • ● 簡単操作、簡単キャリブレーション!

スピード測定

ポータブル水分活性計 Pawkit(パウキット)は、0~1.00awまで、低水分活性から高水分活性までわすか5分で水分活性を測定します。赤外線温度センサーは試料の温度を直接測定して画面に水分活性値と一緒に表示します。静電容量センサーは食品中に含まれるアルコールなどの揮発性物質の影響をほとんど受けることなく水分活性を測定できます。Pawkitは小さいだけではありません。操作性、測定安定性にも優れています。

超小型、電池駆動式

重量わずか115g。電池駆動で電源のない場所でも使用でき、どこでも持ち運び可能です。試験室での品質管理から製造現場での水分活性管理まで様々な用途で使用できます。

赤外線試料温度センサーで試料温度を測定

水分活性は温度依存性です。温度の変化は、水の分解、水に溶けた溶質の溶解度あるいは基質の状態の変化によって水分活性を変化させます。製品の水分活性に及ぼす温度の効果は製品特有のものです。含水率の高いほとんどの試料は温度による変化は無視できるほどですが、温度の上昇によって水分活性が増加する製品もあれば、温度が上昇すると水分活性が減少する製品もあります。従って、温度による水分活性の変化の方向性は予測することができません。このように、水分活性測定において一定の温度で測定することは重要です。

水分活性測定において、試料温度を測定することは重要で、試料温度を測定しなければ水分活性測定とは言えません。ただの湿度センサーです。Pawkitは温度制御はしていませんが、その代わり赤外線温度センサーで試料の温度を測定して結果を表示させます。測定結果が何度のときの水分活性かが判ります。

簡単操作、5分で測定完了

1.チャンバーを開きます。

  • step1 画像1
  • step1 画像2
  • step1 画像3

2.試料を入れたサンプルカップの上にPawkitをのせます。

  • step2 画像1
  • step2 画像2
  • step2 画像3

3.スタートボタンを押すと測定が開始され、5分後に測定が終了します。

  • step3 画像1
  • step3 画像2

4.カップを取り出し測定完了です。

  • step4 画像1

簡単キャリブレーション

Pawkitのキャリブレーションは、成績証明書付きの標準液 0.760awと0.250aw、または0.760awと0.920awのどちらかの2点で行います。難しい操作を必要とせずにユーザーが実施できます。

技術仕様
測定精度 ±0.02aw
分解能 0.01aw
測定範囲 0~1.00aw
測定センサー 静電容量センサー、赤外線試料温度センサー
サンプルカップ容量 15ml
ディスプレイ LCDディスプレイ
動作環境 温度:5~50℃ 相対湿度:0~90%RH(結露なきこと)
寸法/重量 6.5(幅)×10(奥)×1(高)cm/115g
電源 リチウム電池(CR1632)×2個
付属品 サンプルカップ×50個、標準液 0.250aw、0.760aw、0920aw×各2本、
スペアセンサー保護フィルター×3、専用キャリングケース
価格 ¥300,000(税別)